【Capistrano】 デプロイ時に自動で古いreleaseを削除する


# cap deploy:cleanup

上記コマンドを実行すると古いreleaseが削除される。
でもこのコマンドをいちいち実行するのは面倒なので
deploy時に上記コマンドが実行されるように設定する。

# vi config/deploy.rb

set :keep_releases, 5
after "deploy:restart", "deploy:cleanup"

「keep_releases」で何世代分残すかを設定します。
afterは見ての通り「deploy:restart」の後に「deploy:cleanup」を実行するんだと思うたぶん。

これで「cap deploy」を実行すれば「deploy:cleanup」も実行されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です