【DynamoDB 】 DynamoDB Localのインストールと起動


環境
CentOS6.3
java version “1.7.0_55”

「DynamoDB Local」はAMAZONと契約しないと使用できない「DynamoDB」をローカル環境で無料で試せるローカルテストツールです。ただしプロビジョンスループットなど本来のDynamoDBに備わっている機能が省かれているので、本番用に使用することはお勧めしません。本番環境ではDynamoDBを利用しましょう。

それではインストールなんですが、まずjavaのバージョン7以上が必要になるので、バージョンが古い方はアップデートして下さい。私の環境はバージョン6だったので7に上げました。

<JAVA7インストール>
こちらからjdk7のrpmをダウンロードして任意のフォルダ(/usr/local/src)に保存します。

# cd /usr/local/src
# ls -l
-rw-rw-r– 1 root root 121284891 5月 22 14:53 2014 jdk-7u55-linux-i586.rpm

インストールできるか確認します。
# rpm -ivh –test jdk-7u55-linux-i586.rpm
準備中… ########################################### [100%]
ファイル /etc/init.d/jexec (パッケージ jdk-2000:1.7.0_55-fcs.i586 から) は、パッケージ jdk-2000:1.6.0_43-fcs.i586 からのファイルと競合しています。

すでにインストールされているjdk6とバッティングしたのでjdk6を削除します。
まずはインストール済みのRPMを確認
# rpm -qa | grep jdk
jdk-1.6.0_43-fcs.i586

そして削除
# rpm -e jdk-1.6.0_43-fcs.i586
再度インストール
# rpm -ivh jdk-7u55-linux-i586.rpm

これでインストールできました。
ファイルは「/usr/java/」配下に作られます。
# ls -l /usr/java/
合計 4
lrwxrwxrwx 1 root root 16 5月 22 15:01 2014 default -> /usr/java/latest
drwxr-xr-x 8 root root 4096 5月 22 15:01 2014 jdk1.7.0_55
lrwxrwxrwx 1 root root 21 5月 22 15:01 2014 latest -> /usr/java/jdk1.7.0_55

この時点でバージョンを確認しても古いバージョンだった場合は、PATHを設定します。
具体的にはJAVA_HOMEに先ほどのjavaのインストール先を指定してexportします。
# vi ~/.bash_profile
JAVA_HOME=/usr/java/default
PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH:$HOME/bin
export PATH

設定を読み込み直します。
# source ~/.bash_profile

再度バージョンを確認
# java -version
java version “1.7.0_55”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_55-b13)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 24.55-b03, mixed mode, sharing)

これでjavaのバージョンアップは完了。

<DynamoDB Localのインストール>
続いて本題のDynamoDB Localのインストールですが、実際にはファイルを展開するだけです。
起動もコマンドを1つ実行するだけです。

DynamoDB LocalのJARファイルはこちらにあります
http://dynamodb-local.s3-website-us-west-2.amazonaws.com/dynamodb_local_latest

それを任意のフォルダにダウンロードして解凍します。
# cd /usr/local
# mkdir dynamodb_local
# cd dynamodb_local
# wget http://dynamodb-local.s3-website-us-west-2.amazonaws.com/dynamodb_local_latest
# ls -l
dynamodb_local_2014-04-24.tar.gz
# tar zxvf dynamodb_local_2014-04-24.tar.gz
# ls -l
-rw-r–r– 1 root root 458059 4月 25 03:19 2014 DynamoDBLocal.jar
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5月 22 12:54 2014 DynamoDBLocal_lib
-rw-r–r– 1 root root 8644 4月 25 03:19 2014 LICENSE.txt
-rw-r–r– 1 root root 1544 4月 25 03:50 2014 README.txt
drwxr-xr-x 2 root root 4096 5月 22 12:54 2014 third_party_licenses

これで準備完了です。あとは起動のコマンドを実行するのみ。
# java -Djava.library.path=. -jar DynamoDBLocal.jar
2014-05-22 16:13:09.738:INFO:oejs.Server:jetty-8.1.12.v20130726
2014-05-22 16:13:09.769:INFO:oejs.AbstractConnector:Started SelectChannelConnector@0.0.0.0:8000

これでDynamoDB localの準備は完了。
操作方法はまた今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です